こそーり感想を述べる

読んだ本の記録。

凶悪/「新潮45」編集部編

新潮45編集長である著者のもとに、ある死刑囚が、まだ明るみになっていない自身の余罪を告発したがっているという話が舞い込む。

それらの事件の首謀者は「先生」と呼ばれる人物であり、いくつもの犯罪を犯したはずの彼は未だ娑婆にいるという。

死刑囚・後藤の告白と、告白をもとにした著者・宮本さんの調査により徐々に事実が明らかになり、そしてついに・・・。

私はこの事件のことは知らなかったけれど、ノンフィクションである。

 

持ちやすいからという理由で文庫版を選んだのだけれど、これは絶対に文庫版を読むべき。

なぜなら文庫版書き下ろしの最終章に、おそらく多くの人が最も知りたいことが書かれているから。

ただし読むのはちょっとだけつらい。

 

復讐の覚悟

身元引受人を解除すると、万が一減刑されても、外に出られる可能性がゼロになるらしい。

記事が公になる直前、後藤はそれを実行した。

後藤が余罪を告発するに至った最も大きな理由は、生活能力がない舎弟の面倒を見ず自殺させてしまった「先生」への復讐だというのだけど、自分は散々人を殺しておいてそれが一番の理由であり、外に出る可能性を自ら放棄するほどの覚悟に至るとは、正直私はしっくりこない。

生活能力がないとは具体的にどういうことなのかとか、後藤がその舎弟をどう可愛がっていたとかは書かれていないので分からないし、そもそもこういう人の思考についてまともに考えても仕方がないのかもしれないけど。

 

簡単に人を殺すのに、人を大事にもする

「先生」にしても後藤にしても、人間全てに対して残酷なのではなく、気に入った人間がいたり、家族は大事にしていたりする。

人に対してあんなに酷いことができるのに。

身内とそれ以外に対する扱いが極端だというこということなんだろうか。

宮本さんは後藤の告白の姿勢については真摯なものを感じたけれど、同情はできないと書いている。自分と同じ人間ではなく、特殊な人間であると。

これらの人たちは、生まれた時から特殊なんだろうか。それとも育ちが悪くて歪んでしまったのか。

どちらにしろ、多分こういう人たちは悪いことをあまり悪いと思っていないのだろうと思う。

すると悪意を持って犯罪を犯しているわけではないないので、「凶悪」な人間というのは何だか少し違うような気もする。

 

きっとたくさんいる

後藤も「先生」も、本の中に写真が掲載されている。

後藤のヤクザ時代の写真はまあヤクザっぽいけれど、「先生」なんて本当に特別目立つわけでもない、そこら辺にいそうな人だ。

この事件はきっと氷山のほんの一角で、「先生」のような人間は沢山いるんだろうと思う。

それから、先生のような人間に人知れず葬られてしまった人たちも。

お金をたくさん持っているとか、普段からあまり人付き合いがないとか、危ない。気を付けよう。

 

凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)

凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)